選択したフィルタ

Pirelli タイヤ

フィルタ:

フィルタを開く

見出し

価格

¥
¥

ブランド

すべて表示する

欧州連合のラベル


売り手

追加オプション

平均テストスコア

イタリアのピレリタイヤの評判、種類、価格を比較しよう!

世界シェア第5位、モータースポーツカー・スーパーカーに多く使用されることで知られているピレリタイヤは、日本でも人気のブランドです。ピレリは、1872年に創業された歴史ある企業で、タイヤ以外にもフィルターなどを製造しており、通信ケーブルや電線などを製造していたことも。

そんなピレリのタイヤは、1970年代に日本に進出し、その人気は日本国内でも定着しました。2015年には中国化工集団の傘下となりましたが、ピエリらしさは失われていません。

スポーツカーに多く採用されているタイヤではあるものの、普通自動車用のコストパフォーマンスに優れたタイヤも多く取り扱っています。

一般のドライバーに最も適したピエリタイヤは、CintuRato P1です。このタイヤは、どんなドライバーでも満足できるオールマイティーなモデルです。プレミアムカーはもちろん、コンパクトカーにもぴったりのタイヤです。走行時の安定性に優れていて、社内騒音も低いため、快適なドライブスタイルを求めるドライバーは満足のモデルでしょう。ステアリングレスポンスも良く、コーナリングも楽々。大変おすすめのモデルです。リピート客が多いのも頷けます。お手頃な価格設定も大きな魅力です。

CintuRatoのオールシーズンモデルも、リーズナブルな価格ながらも高い性能を誇り、ドライ・ウェットはもちろん、雪道でも安定した走りでユーザーの高評価を得ているタイヤです。

そして、ピエリタイヤを語る上で忘れてはならないのが、Dragon Sportでしょう。スポーツタイヤですが、セダン、スポーツカー、ミニバンに装着しても満足できるモデルです。安定性と快適性を両立しつつ、ドライ路面・ウェット路面の両方でハンドリング性能をしっかり発揮するトータルパフォーマンスのサマータイヤです。

P ZERO™は、ピエリがモータースポーツタイヤの開発で培ったノウハウや技術を詰め込んだシリーズ。、それぞれの自動車のパフォーマンスにパーフェクトフィットするカスタマイズ可能なタイヤで、空気が抜けた状態でも安定走行できるランフラット構造、タイヤがパンクしても空気圧を失わずに走行を継続できるシールインサイド構造、PNCS(ノイズキャンセリングシステム™)の技術が生かされています。他のシリーズと比べても高価なタイヤですが、そのパフォーマンスに勝るものはありません。

安いタイヤを探しているドライバーのほとんどが機能・パフォーマンス部分でもアベレージ以上を求めている人が多いでしょう。ピレリでは、モータースポーツ用のプレミアムタイヤ以外にも、比較的安価で手に入るタイヤを多く取り揃えています。まずは、tyres.jpで各タイヤを同社タイヤ、あるいは他社タイヤと比較して、賢いお買い物へとつなげていってください。 

商品を比較する:

の 431
もっと見る 20
の 431
販売広告です。
トップに戻る